中部地区の大手一般廃棄物処理会社様に「コンポ」を2台納入させて頂てます

10.10.21

 

日暮れが早くなり朝晩 めっきり寒くなって来ました。

 

この度、中部地区の大手一般廃棄物処理会社様にコンポを2台納入させて頂てます。

ありがとうございます。

こちらでは、主に食品加工会社から排出される「食品加工残滓」と食品加工会社の浄化装置より排出される「浄化槽 余剰汚泥」を処理する目的で御導入頂きました。

 

現在まで、切返式堆肥舎と乾燥ハウスにて有機性廃棄物の処理を行っていますが、受入量の増大と周辺環境を考慮された結果 御導入を決意されました。

 

この施設の特徴として2点

①東名高速道路・東海道新幹線の極沿線で更に、工業団地内での施設となっており、有機性廃棄物の処理に伴う悪臭による問題は絶対防止する事

 

その為、熱交換機とクリーングタワーによる排気温度低減の後、水洗スクラバーによる脱臭を行いその後 チップによる生物脱臭装置とイニシャルコスト・ランニングコストをも考慮した脱臭設備を御導入頂きました。

 

③所有地の中で、狭小のデッドスペース内に「コンポ」 2台を設置致しました。

最終レイアウト決定までに、作業性・敷地の有効利用を充分に考慮され弊社担当営業マンと数ヶ月に及ぶレイアウトの打合せをさせて頂いた後、最終レイアウトが決定致しました。

 

狭いスペースに設置が可能な事が「コンポ」の利点です、それを最大限生かせて頂ける御提案であれば弊社 スタッフは喜ん何度でも御打合せさせて頂きます。

 

御社の利益拡大に貢献できます様に

名古屋事業所のスタッフが、我が子の様に機械の面倒を見て行きますので御安心下さい。

 

 取締役社長 川﨑 浩二