納品情報など最新情報をお届け致します。

日刊工業新聞誌 第1面に平成24年8月8日 掲載された乾式メタンガス発酵プラントの記事を掲載致しました。

この場をお借りいたしまして

エコテックの四季を送付させて頂いているお客様には「メンテナンスアンケート」を同封させて頂いておりますが

アンケートの回答に御協力頂き誠にありがとうございます。

アンケートの御解答には、お褒めの言葉もありますが苦言・改善提案も多数戴いております。

大変貴重な御意見 誠にありがとうございます、必ず今後のサービス向上・商品開発・更なるコストダウン

に繋げて参ります。

また、夏号メンテナンスアンケート御解答頂いたお客様の中より厳選な抽選を行い

「長崎県 諫早市のお客様」に旅行券3万円分を進呈させて頂きました。

 

 

 

 

お知らせとして

〇 秋から冬に向けてのコンポの管理方法

注目商品として

〇 最新機種 コンポS-90ET型 大容積とシャフト強度・羽根強度の信頼性を向上を図っています

〇 スクラバー(薬液洗浄脱臭装置) 脱臭設備の一環をご紹介

 

 

特集記事として

〇 有機質肥料を商品化する大作戦を展開中!

探訪記事として

〇 コンポの開発記事

〇 乾式メタンガス発酵プラントの開発記事

 

を掲載しております。

エコテックの四季 秋号をコンポご使用頂いておりますお客様に送付させて頂きました。

秋号の表紙は現在 産休中の名古屋事業所 事務を担当してもらっている森川さんに御協力頂きました

来年4月には復帰します。

 

 

 


マレーシアでのコンポS‐90 設置工事風景

 

4、今後の展望と課題

中国は独自の発展をしている。国家の統制が厳しく、しかも、自由経済を推し進める、竹に木を接ぐ社会。過去のシステムの上に最新技術を持ち込み、そのメンテナンスに追われる社会。
自家用車は普及しているが、修理が追いついていかない、泥船状態が現状です。

これからの中国を見る視線として、省さらには市といった細分化した目線が必要に思う。

法の執行状態も違う。受入港の対応も違う。農業の在り方も違う。言葉も中国語と言えども、地域差は日本の比ではない。

山東省ひとつとっても人口は8000万人。韓国よりも遙かに多い。

 

日本のマーケティングは高度に発達し行き着いた先は、市場のセグメンテーションであったはずだ。

グローバリゼーションと言う言葉に踊らされて、国対国という感覚を持ってしまった感がある。


しかし、日本同様に中国にも地域性や地域格差はある。


もし、日中関係が修復した場合、もう少し、地域の農業の在り方や、有機質肥料の販路、有機質肥料の使い方まで踏み込んで、細やかなマーケティング展開を行ってゆきたい。


同時に、チャイナ プラス ワンと言われるように、他の東アジア諸国の販路開拓に勤しみたい。

南に向かえば、まだまだ、需要が旺盛な国々はある。

引き合いもあるので、ひとつひとつ丁寧に取引を行いたいものである。


幸い、当社は有機質肥料の輸出のみならず、堆肥化プラントの拠点を海外に持っており、世界各国に向けて設備を納品しており、人脈もある。技術立国 日本の誇りを持って、改めて世界と向き合いたいと考える所存である。