納品情報など最新情報をお届け致します。

 

関東 大手養豚場様  ありがとうございます.

九州に続きまして、関東での納入が先週 行われました。

口蹄疫が終息に向かい、ストップしていたコンポの出荷・設置作業が例年に無い

酷暑の中、進んでおります。

こちらの関東大手養豚場様の概要は、1500頭の一貫経営で養豚事業を営まれておりますが、農場が4箇所の分散しており

今回の納入は追加です!1台目が順調に機能しており、今回は安心して2台目の追加注文を頂けました。

実際に作業されて方からも、コンポを導入して作業が容易になり季節変動の無く

豚フン処理が計画的に出来るようになったと御好評を頂いております。

 

今後も、過去の信頼を更に上積みし お客様のと信頼関係を高めて行きます。

 

関東スタッフが「自分の子供のよう面倒を見て行きます」

 

取締役社長  川崎 浩二

 

九州の大手養豚場にコンポS-60を納入させて頂きました。

御導入 ありがとうございました!!

九州に於いては、口蹄疫問題があり弊社としても対応には苦慮いたしておりましたが、ようやく口蹄疫も終息に向かい機械の搬入する運びとなりました。

今回 コンポを御導入頂きました養豚場は母豚300頭の一貫農場で肥育豚はモミガラ・オガコを敷料にした 所謂 オガコ豚舎です。

現状 開放式発酵槽にて糞処理を行っていますが、冬場の能力低下により処理能力不足を補う事により環境問題をより改善して行こうと言う

経営者様の高い環境意識により、この豚肉相場低迷の中 コンポを御導入頂きました。

また、同業仲間から口コミ情報より、エコテックのコンポなら後々安心と云う情報が得られた事も弊社を選択して頂けた大きな理由であるとの御意見も頂きました。

 

今後は九州のスタッフが、充分な機能を発揮し農場のお役に立ち、お客様からお喜びの声を頂けるよう 

 

自分の子供のように面倒みて行きます。 

 

取締役社長  川崎 浩二

 

初めまして!! 弊社のHPをリニューアル後 最初の新着情報として 今後の弊社海外でのコンポ展開の礎となる中国での1号機設置状況です。

 

中国 吉林省の養鶏場 鶏糞処理用に導入されました、中国に於いても畜産の糞尿処理対する環境問題は社会問題化しており、先進的な養鶏場に於いては糞尿処理問題に真剣に取り組み始めております。

 

今回の導入事例は、今後 吉林省として「コンポ」が補助金の対象物件として適切な物であるかどうかを判断する為の導入と云う側面も持っており弊社 重要案件です。

 

是非とも今回納入の「コンポ」が中国のお客様に喜んで頂ける機能が発揮出来るよう、今後もバックアップして行きます。

 

取締役社長 川崎浩二